DEXCSをダウンロードしていただいた方へのアンケート:平成21年2月

このページは、DEXCSをダウンロードしていただいた方々の利用状況をお伺いすることにより、今後の開発の参考にすることを目的としています。ご協力をお願いします。

ダウンロードと起動に関して、すべての方にお聞きします。

■質問1:実際にダウンロードして、起動させることが出来ましたか?

選択肢 投票
起動し利用することができた 228  
ダウンロードしたが起動はまだ 27  
まだダウンロードしていない 23  

■質問2:起動したのち、CAEとして利用することが出来ましたか?

選択肢 投票
すべての機能を利用した 23  
部分的な機能を利用した 139  
まだ利用していない 37  

起動や利用をされていない方へ、その理由をお聞きします。

■質問3:現在、利用まで進んでいない方へ、理由を教えてください?

選択肢 投票
起動させることが出来ない 8  
利用の方法が分からない 39  
期待する機能がない 8  

■質問4:現在、起動させることが出来ない方へ、理由を教えてください?

選択肢 投票
起動させる方法が分からない 4  
パソコンとの相性が良くない 5  
取り組む時間がない 8  

■質問5:利用方法が分からない方へ、どのような支援が必要でしょうか?

選択肢 投票
充実した利用ガイド資料 48  
講習会などの直接の支援 6  
使いやすいシステムへの改良 5  

■質問6:期待する機能がない方へ、どのような理由でしょうか?

選択肢 投票
モデリングが良くない 6  
解析機能が足りない 20  
可視化機能が足りない 0  

起動や利用をされている方へ、その状況をお聞きします。

■質問7:現在、利用しているモデル作成について教えてください?

選択肢 投票
DEXCSのBlenderを利用した 49  
別の3D-CADでデータを作った 87  
他の方法を工夫している 8  

■質問8:現在、利用している解析機能について教えてください?

選択肢 投票
ADVENTUREの構造解析 46  
OpenFOAMの流体解析 82  
別の解析システムを組み込む 7  

■質問9:現在、利用している目的や段階について教えてください?

選択肢 投票
個人的な勉強や研究 96  
組織での利用可能性の検証 52  
実際の業務への利用 25  

■ご意見:PC台数に制限があるのと、実行速度の兼ね合いでcolinux-debian(かcolinux ubuntu)で使いたいのですが、既存システムへ導入可能なパッケージがあると助かります。
⇒ご回答:DEXCSでは、プリ処理Blender・ポスト処理Paraviewを基本としています。これらは、Linuxの多くのディストリビューションで動作しています。DEXCSランチャーはPythonで開発されているので、あとは、解析処理の構造解析Adventureと流体解析OpenFOAMが動作すれば良いので、インストールシステムは可能だと思います。
ただ、現在のDEXCSではオールインワンの動作環境を、手軽に提供することを目標にしているので、開発の幅が広げられないのが現状です。なお、colinuxを希望されているとのことですが、VMware版はいかがでしょうか?

■ご意見:Blenderの敷居が高いので、モデル作成まで至っていません。任意形状の断面を持つ柱(できれば少し湾曲したもの)を定義しようとしているのですが、Blenderに最初からある直方体を起点にしたのでは所望する形状が作り辛く、そこから再定義するにはどうすればよいか、マニュアル等調査しているところです。因みに、CalculiXやgCADなどではプリがシンプルな分、習得し易いです。
⇒ご回答:ご指摘は色々な方からも伺っており、Blenderの操作性とモデリング機能については、我々も何らかの対応を考えたいと思っております。ご助言のCalculiXについては、骨組解析や動的解析を目指して検証を進めており、いずれDEXCSに導入したいと思っています。gCADについては知りませんでした。情報を提供いただければ調査したいと思います。さらにモデリングの手軽さを狙ってGoogle Sketchupの利用を検討しています。完全ではありませんが、DEXCS上でも動作させることは出来そうなので、情報公開を計画したいと思います。

■ご意見:VMwareで使用しているので、使い慣れないBlenderではなくWindows上のフリーの3D CADでモデリングしています。Adventure自体は複数物性の解析もできるようですが、境界面のメッシュやブロック指定を最悪手作業で行なわないといけないのか?というところがネックになりそうです。
⇒ご回答:皆さんBlenderで苦心されているようです。こちらではGoogl Sketchupの活用も検討しています。モデラーは馴染んだものでないと難しいのですね。また、Adventureの解析機能は非常に高度で、複数物性や弾塑性解析・座屈解析などが可能です。ただ、DEXCSのプリポストの対応が出来ていません。是非、ご協力ご支援をお願いします。

■ご意見:DEXCSをカスタマイズして専用シミュレータを作成しました。これを社内技術者に提供しています。シミュレータ部分はわかるのですが、OpenFOAM自体がよく分からない。トラブルが生じたときに相談先がないのが不安です。
荷重設定で、位置座標による数式(荷重分布関数)が使えると有難いです。
⇒ご回答:最近はOpenFOAMのコンサルティングを有料で受けられるそうです。検討してみてはいかがでしょうか?荷重設定については、プリ処理で対応する内容ですが、現時点では目処が立っていません。是非、専用シミュレーターについて情報提供をお願いします。

DEXCS Official Wiki


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-29 (水) 19:25:32 (2m)