ここでは、DEXCSを利用するために必要なものをご説明します

DEXCS2007-CD版の場合

  • CD起動できるWindowsが動作するようなパソコン
    Intel Macは工夫すれば動作するかもしれませんが、基本的にはWindows/Linuxが動作するPCを利用します。
  • DEXCS-CDを作るためのCD-R1枚と書き込みソフト
    ISOイメージをCD-Rに書き込んで、DEXCS起動用のCDを作ります。書き込みソフトの手順に従ってください。
  • メモリは普通に利用するには512MBは必要です。
    HDDは利用せずメモリとCDだけで起動するので、512MB以上は欲しいところです。出来れば1GB程度あると十分です。

なお、CD起動で動作は確認したら、直接HDDにインストールすることも出来ます。詳しくはWikiの情報を参考にしてください。

DEXCS2007/2008-VMware, DEXCS2008-OpenFOAMの場合

  • VMwareが動作するWindows/MacOS/Linuxが動作するパソコン
    ここでは無償のVMware Playerを用いていますが、何らかのVMwareが動作すればどんなパソコンでも起動できます。
  • VMwareを展開するHDDの空き容量が10GB程度あること
    DEXC-VMware版では、HDDにVMwareの仮想HDDファイルを展開するので、解析結果の保存も見込んで、10GB程度は空きが必要です。
  • VMware上でDEXCSが起動するための1GB以上のメモリ
    ベースのWindowsからVMware上のDEXCSに512GB以上の割り当てるためには、全体で1GB以上は必要になります。

DEXCS Official Wiki


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-05 (土) 14:27:06 (2216d)