ここでは、第2回オープンソースCAEワークショップの講習会に関する情報をまとめます。

今回の講習会1も2も、初心者向けの基礎的な講習です。 そのため、DEXCS講習会や第一回OpenFOAM講習会等の講習を 既に受けている方々には申し訳ありませんが、 上記の講習を受けていない方々を優先させて頂きますので、予めご了承ください。

また講習を受けるためには、以下の条件のノートパソコンをご用意いただく必要がありますので、よろしくお願いします。

事前の準備

  1. ノートパソコンをご用意ください。利用するパソコンは、概ね5年前以降に購入した比較的新しいものをお勧めします。
  2. 最重要条件は、※メモリは最低1024MB以上※は必要です。
  3. VMwareの仮想HDDは結構大きいので、HDDの空き容量は10GB以上必要です。
  4. 操作にマウスが必要です。画面は大きいほう(XGA:1024x768以上)が使いやすいです。
  5. VMware Playerをダウンロード・インストールをお願いします。 http://www.vmware.com/jp/products/player/ から入手できます。
  6. 仮想マシンのファイルは、このサイト( http://dexcs.gifu-nct.ac.jp/download/index.html )から、それぞれの講習会について以下をダウンロードして、ファイルを展開してください。
    1. 講習会1: DEXCS2009-Adventure-Basic.zip(DEXCS2009-Adventure-Prototype.zipも同じ演習ができます)
    2. 講習会2: DEXCS2009-OpenFOAM.zip

講習を効率よく進めるため、上記の1から6の準備にご協力ください。よろしくお願いします。

講習会1に関する連絡

講習内容は、DEXCS2009-ADVENTUREを用いた基本的な操作方法の講習です。テキストに従った内容で、個別に課題には対応できませんので、ご容赦ください。

講習会1のテキストfileDEXCS2009:講習会H211107.pdfを公開します。なおワークショップの資料として、講習会資料も会場で配布する予定です。

講習会2に関する連絡

  • 上記1〜6の準備に加え、展開したフォルダ内のUbuntu.vmxをダブルクリックしてDEXCS-OpenFOAMを起動し、fileDEXCS2009:講習会H211107.pdfの「1: DEXCSの起動と設定」を参考に、言語選択・ユーザアカウント作成などの初期セットアップを行っておいて下さい。また講習開始時には、DEXCS-OpenFOAMを起動してログインした状態としておいて下さい。
  • 講習内容は、DEXCS2009-OpenFOAMを用いたOpenFOAMとParaViewの基本的な操作方法(キャビティ流れ)の講習です。
  • 講習会資料も会場で配布する予定です。事前アップロードについては、追ってご案内申し上げます。

添付ファイル: fileDEXCS2009:講習会H211107.pdf 4213件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-20 (火) 18:26:16 (2717d)