** ここでは、DEXCSに関する参考資料を公開します。 [#md32319f]

*** ■DEXCS2009に関する資料 [#ofb6f9be]
ADVENTURE-Basicのマニュアル:&ref(DEXCS2009−ADVENTURE−Basic-manual.pdf);~
ADVENTURE-Prototypeのマニュアル:&ref(DEXCS2009−ADVENTURE−Prototype-manual.pdf);~
OpenFOAM-VMwareの起動:&ref(DEXCS2009-OpenFOAMの起動方法.pdf);~
OpenFOAM-ISOの使い方:&ref(DEXCS2009-OpenFOAM.isoの使用方法.pdf);~
OpenFOAMのマニュアル:&ref(DEXCS2009-OpenFOAM-manual.pdf);~
----

■DEXCSの応用に関する資料

外部CADデータをDEXCSで利用するときは、STL形式でデータを入出力します。この時、STLのデータには品質のばらつきがあり、CAEの解析に利用できない場合があります。この場合に、STLの修正する方法をまとめました。ご参考にしてください。:&ref(STLdata-Refine.pdf);

■OpenFOAMの利用に関する資料

OpenFOAMの活用においては、基本となるソフトウエア付属の本家英文ユーザーガイドhttp://www.opencfd.co.uk/openfoam/doc/user.htmlを利用することをお勧めします。

和文が必要な場合には、以下のサイトにOpenFOAMユーザー会の東京大学今野先生からの資料http://www.ofwikija.org/index.php/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89_1.5%E7%B3%BB%E3%81%AE%E5%92%8C%E8%A8%B3があります。

さらに上記の和文ユーザーガイドの、チュートリアルの1つ「2.1 天井駆動のキャビティー流れ」について、さらに初心者向けに解説した資料を&ref("CavityFlow-BeginnersGuide.pdf");を用意しました。ご活用ください。

■ダウンロードしてまず利用するための手引き:

ご要望の多かった、ダウンロードしてどのようにして利用したら良いか、分かりやすく説明した文書を用意しました。また、DEXCSによるCAEの一連の作業のなかで、モデル作成で用いるBlenderの利用方法が最も戸惑うようですので、その説明文書も用意しました。ダウンロードした直後は、まずこの文書を用いて、操作方法を確認することが出来ます。

1:&ref(Tutorial-DEXCS2007-1.pdf);:~
ダウンロードしてCDに記録したDEXCS-CDを用いて、DEXCSを起動する方法から始めて、簡単な構造解析の結果を可視化するまでの手順を説明しています。~
2:&ref(Tutorial-Blender-1.pdf);:~
DEXCSの中で解析モデルの形状を作成するためのBlenderの使い方を習得するために、簡単な門型ラーメン骨組みを作る手順を説明します。~
3:&ref(Info-Blender-1.pdf);:~
上記のBlenderの説明文書中で、マウスの操作やボタンの選択などについて、まとめてある文書です。さらに詳しい内容は、DEXCS-CDのヘルプにまとめてあります。

■概要紹介に関係する文書:

DEXCSの機能を簡単に紹介する資料:&ref(DEXCSの機能.pdf);

■DEXCS-CD内の利用方法の文書:

以下の文書は、DEXCS-CDの中にも含めてあります。DEXCS-CDからの見る方法は、以下の通りです。

+ DEXCS-CDからパソコンを起動させ、しばらく待つとDEXCSのデスクトップが表示されます。
+ デスクトップの左上に、ADVENTURE Simple Launcher のアイコンをダブルクリックで起動します。
+ Launcherのメニューの右端に、ヘルプがありますので、ここから以下のPDF文書が閲覧できます。

これらの文書を、DEXCSから印刷することは、色々な設定が必要になります。そこで、Ubuntuでは、USBメモリを簡単に利用できますので、こちらの方法をお勧めします。文書は、PDFですので、Adobe Readerなどを用いて印刷が出来ます。

+ Windowsで利用しているUSBメモリを、DEXCS-CDで起動した状態で、接続します。(Windowsでfatフォーマットしてある状態です)
+ デスクトップ上に、USBメモリ:diskが表示され、それが開かれると思います。(そうでないならダブルクリックで開きます)
+ 開いたファイルブラウザにおいて、ファイルシステムを選択し、user ⇒ local ⇒ ADVENTURE ⇒ man を開きます。
+ この中の必要なファイルをコピーして、USBメモリ:disk のなかで貼り付けをして、移してください。
+ デスクトップ上のUSBメモリ:disk を右クリックして、取り出しを選択すると、アイコンが消えます。これで安全に取り外せます。
+ あとは、プリンタが利用できるWindowsマシンにUSBメモリを接続し、 印刷してください。

DEXCS-CDを起動させるまでの色々な説明:&ref(about_this_cd.pdf);~
Blenderに関する使い方などの概要の説明:&ref(blender_sammary.pdf);~
Blenderで解析モデル構築する詳細な手順:&ref(blender.pdf);~
bcGUIで境界条件を設定する手順の説明:&ref(bcGUI.pdf);~
Paraviewの解析結果を表示するための手順:&ref(paraview.pdf);

DEXCSをHDDにインストールする方法の解説:&ref(hddinstall.pdf);

■外部発表に関係する文書:

第12回日本計算工学講演会H190524:&ref(平成19年度日本計算工学講演会発表論文.pdf);

■DEXCS講習会の文書:

平成20年3月10,14日に行いましたDEXCSの講習会で使用した資料を以下に公開します。~

基礎編:&ref(H200310.pdf);~
応用編:&ref(H200314.pdf);

[[DEXCS Official Wiki]]
#counter

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS